屋根まわりの工事

屋根まわりの工事

屋根まわりの工事の基本情報

「スレート板屋根」「鉄板屋根」「瓦屋根」など「屋根まわり」の改修、修繕工事についてです。

現在の木造住宅でよく使用されるスレート板(瓦型のものを含む)や鉄板などの屋根材は、屋根の機能維持と美観を保つためにも10年から15年程度のサイクルで塗り替えを行うことが望ましいです。
しかし、定期的な塗り替えなどのメンテナンスを行っていても、30年以上経過すると耐用年数超過による損傷が目立ってきます。
部分的な補修では対処しきれない場合は、屋根の葺き替え(交換)も検討する必要が出てきます。

和瓦の屋根の場合は瓦そのものに塗り替えは必要ありませんが、地震や台風などでズレたり、割れたりすることがあるので、こちらも塗り替えが必要な屋根材と同様に10年単位で点検を行うことをおすすめします。

工事は高所作業になるので点検や部分補修の場合を除き、基本的に建物への「足場掛け」が必要になります。

!注意
お客様自身が点検や補修のために屋根に上ることはしないでください。
特に雨で濡れた屋根は滑りやすく大変危険です。

弊社で承っている主な屋根まわりの工事

画像をクリックすると各工事内容の詳細ページへ移動します。

その他の屋根まわりの工事

下記の各工事内容の詳細についてはお問い合わせください。

瓦屋根の雨漏り補修工事

瓦を再利用する形で雨漏りの補修を行う工事です。
主な工事内容
雨漏りの原因が経年劣化による瓦のずれと下に敷かれた防水紙の損傷が重なったものと判断。
該当部分周辺の瓦を剥がし、防水紙の敷き替え、剥がした瓦を再設置する。

屋根の部分的な破損の補修工事

簡易的な、もしくは応急処置の屋根工事です。
よくある現場の状況、状態
「スレート材(コロニアル」の屋根が一部「割れている」「欠けている」ので補修してほしい。
屋根に付いている「鉄板部材」が台風で「剥がれてしまった」ので直してほしい。
屋根の「瓦」が一部「ずれている」「割れている」ので直してほしい。
etc…
関連工事項目

上記以外の工事も受け付けております。お気軽にご相談ください。

屋根まわりの工事のまめちしき

屋根まわりの工事を含む施工事例