弊社で承っている主な住宅設備工事

住宅設備工事トップ画像

水まわり設備、電気設備、空調設備など住宅の設備機器の工事です。

水まわり設備の交換工事では、配管の切り替え作業で30分から1時間程度の断水が2、3回発生します。
照明器具やスイッチなどの交換では停電することなく交換作業を行いますが、分電盤から新たに配線を増設する必要がある場合などは停電して(ブレーカーを落として)作業を行います。

キッチンや洗面化粧台などは幅や高さなど規格サイズで作られているものが多いですが、同じ規格サイズのものであっても既存のものと新規のものとでは細かな形状に違いがある場合が多いです。
トイレの洋便器は一定期間でモデルチェンジしていますが、新旧で形状が同じであることはまずありません。
壁付けエアコンはどのメーカーの製品でも幅や高さはほぼ同じですが、配管の接続位置が若干違うため交換した際に取り付け位置が新旧でずれる場合があります。

これらの器具は交換した際に新旧の形状の違いで、設置されている床や壁に傷や汚れなどの既存の器具の「跡」が出てしまうことがあります。
そのため設備機器の交換は床や壁などの内装のリフォームも合わせて行うことが望ましいです。

水まわり設備の工事

「キッチン」「浴室」「トイレ」などの交換、設置工事です。

キッチン設備工事

キッチンの交換工事
システムキッチン全体の交換工事です。
床や壁の改修を行わず、キッチン交換のみ最小限で工事を行った場合は、工事3日目の夜にキッチンが使用可能になります。
コンロの交換工事
ガスコンロ、IHクッキングヒーターの交換工事です。
ガスからIHなど形式を変える場合は配管、配線の新設工事が必要です。
キッチン換気扇(レンジフード)の交換工事
キッチンの換気扇の交換工事です。
プロペラファンの場合は同等品があればファン部分だけの交換も可能です。
シロッコファンの場合は機械部分のみの交換は難しいため、フード全体の交換を行います。
食器洗い乾燥機の交換工事
ビルトインタイプの食器洗い乾燥機の交換工事です。
現在の主流は45cm幅なので、既存が60cm幅の場合は同じサイズで交換可能な商品がないことがあります。
そうした場合は45cm幅+15cm幅の収納棚という形をとるなどして対応します。

浴室設備工事

作り付け風呂からユニットバスへの交換工事
浴室をユニットバスへ交換する工事です。
お風呂に入れるようになるまで通常4、5日程度かかります。
浴室入口扉の大きさと位置が変わるため、脱衣室側の壁の補修工事も発生します。
ユニットバスの交換工事
ユニットバスの改修工事です。
お風呂に入れるようになるまで通常3、4日程度かかります。
浴室入口扉の大きさと位置を同じ場合も、脱衣室側の壁に部分的な補修工事が発生します。

トイレ設備工事

洋式トイレ(便器一式)の交換工事
洋式便器の交換工事です。
基本的に新旧の便器の形状は違うので、交換した際に床に古い便器の跡が見える場合が多いです。
床の改修工事も合わせて行うことが望ましいです。
便座のみの交換工事
洋式便器の便座部分の交換工事です。
普通便座を洗浄に交換することも可能です。
古い年代の便器と現在のものとでは選択可能な色が一部違うため、既存の便器と新規の便座の色を合わせることができない場合があります。
和式トイレから洋式トイレへの交換工事
和式便器を解体、撤去して洋式便器へ交換する工事です。
給排水管の全体的な工事が必要なので、基本的に床や壁を含むトイレ全体の改修工事となります。

洗面所設備工事

洗面化粧台の交換工事
洗面化粧台本体の交換工事です。
配管の移設工事のため、床や壁を一部解体する必要があります。
ただし床や壁の解体は洗面台で隠れる範囲でできる場合もあるので、必ずしも床や壁の仕上げの改修が必要になるわけではありません。
洗濯機パンの設置、交換
新規に洗濯機パンの設置、交換を行う工事です。
縦型、ドラム式などの洗濯機に合わせたサイズのものを設置します。
洗面所暖房機の設置
壁付けの暖房機の設置工事です。
換気扇としての機能はないのでダクト配管工事は不要です。
ただし消費電力は大きいため、専用コンセントの設置、配線工事が必要です。

水まわり設備全般工事

各設備の蛇口の修理
キッチンや洗面台などの蛇口の修理です。
蛇口はレバー式の場合は基本的に専用の交換部材が必要になるためメーカーメンテナンスを手配します。
バルブ式の場合は故障部位によりますが、汎用部品で交換可能です。
各設備の蛇口の交換工事
キッチンや浴室などの交換が可能な蛇口の工事です。
ユニットバスや洗面化粧台など蛇口が専用部材の場合は汎用部材とは交換できません。
またレバー部分と吐水口が別になっている蛇口も、新規のものと形状が合わずに交換ができない場合があります。
タオル掛け等備品の交換、設置
タオル掛けや紙巻器などの水まわり設備の備品の交換、設置工事です。
新規に設置する場合、壁に柱などの取り付け下地が必要になります。
住宅設備工事
電気設備の工事

「照明器具」「スイッチ、コンセント」「インターホン」などの交換、設置工事です。

照明器具の交換工事
照明器具の交換工事です。
同じ種類でも新旧の器具の大きさによっては既存の設置跡や汚れが見える場合があるので注意が必要です。
照明器具の新規設置工事
照明器具のない壁や天井に新規に器具を設置する工事です。
電気配線は壁、天井に露出して通す方法と、壁、天井を一部解体して内側に通す方法があります。
後者は壁、天井に点検口があれば解体をしなくて済む場合もあります。
住宅用火災警報器の設置
住宅用火災警報器の設置工事です。
10年程度使用可能な電池式のものがあるため、設置は容易です。
通常は熱もしくは煙を検知した警報機が単独で鳴るだけですが、無線で連動して設置した全ての警報機を鳴らすことができる機種もあります。
インターホンの交換工事
インターホンの交換工事です。
カメラ無しのインターホンをカメラ付きのものに交換する場合も、電気配線は再利用できるので交換は容易です。
スイッチ、コンセントの交換工事
故障した照明器具などの壁スイッチやコンセントの交換工事です。
コンセントの増設工事
既存のコンセント配線を分岐して、壁コンセントを増設する工事です。
使用できる電気容量が増えるわけではない点は注意が必要です。
住宅設備工事
空調、換気設備の工事

「エアコン」「浴室、トイレの換気扇」などの交換、設置工事です。

エアコンの交換工事
壁付け型などの家庭用エアコンの交換工事です。
エアコン配管工事も合わせて承っております。
トイレ、洗面所などの換気扇の交換
トイレや洗面所の壁付け、天井付けの換気扇の交換工事です。
既存の換気扇の換気量に合わせたものに交換します。
住宅設備工事
ガス設備の工事

「ガス温水床暖房」「ガス給湯器」などの交換、設置工事です。

床暖房の設置工事
ガス温水床暖房の設置工事です。
既存の床の上に重ねる形で設置する、既存の床を撤去してから設置するなど施工方法は様々です。
ガス給湯器の交換工事
ガス給湯器の交換工事です。
都市ガス、LPガスともに対応可能です。
住宅設備工事

各工事内容についてはお問い合わせください。
上記以外の工事も受け付けております。お気軽にご相談ください。