祐秀ハウジングの想い

お客様のための家づくり

祐秀ハウジングの想い

祐秀ハウジングは「お客様との出会い」から「家を建てるとき」そして「家を建ててから」もずっと、お客様が笑顔で幸せに生活をしていけるように家づくりに全力を尽くします。

  • 1.最も大切なことはコミュニケーションです
    コミュニケーション

    家づくりを成功させる為に最も大切なことはコミュニケーションです。

    ・「お客様の思い」を私たちに聞かせてもらうこと
    ・お客様に「私たちの家づくり」を知ってもらうこと
    ・その中で生まれるお客様の「疑問や不安」を取り除くこと
    ・家づくりで発生する「メリットとデメリット」をキチンと伝えること

    こうしたコミュニケーションを通じて「納得」することが家づくりには大切です。

  • 2.もうひとつの大切なコミュニケーション
    コミュニケーション

    もう一つ忘れてはいけないコミュニケーションがあります。
    それは家づくりについて「家族みんなで話し合う」ことです。

    誰か一人の意見で決めてしまうことが間違いであるとは言いませんが、ご家族皆様で話合って決めてもらう事も大切であると思っています。

    あっさりと満場一致で決定して「やっぱり私たちは家族だね♪」と絆を深められるかもしれません、意見の違いでぶつかりあってしまう事もあるでしょう。
    ですがそういったことも含めて「家族のコミュニケーション」です。

    「家族みんなで作った家」こう思える事もお客様にとっての一つの成功だと思います。

  • 3.お客様の目線に立つこと
    お客様の目線

    お客様にとって家づくりとは分からないことだらけだと思います。
    特に私たちの「専門知識」と頻繁に会話の中にでてくる「専門用語」はなかなか理解できない部分でしょう。
    そうした部分をなるべく分かりやすく、理解できるように説明することを心がけています。

  • 4.安心をかたちに
    安心をかたちに

    お客様の家はできあがるまでに様々な検査を受けます。
    それら検査はそれぞれ公正な立場の「第三者機関」によって行われ、お客様の安心をより確実なものにします。

    「基礎検査」
    ・建物を支える基礎が図面通り作られているか確認する検査

    「構造検査」
    ・建物本体が地震や台風などに対しての強度計算、この通りに建物が作られているかを確認する検査

    「防水検査」
    ・雨に対する防水対策が正しく行われているかを確認する検査

    これら建物の安全性の確認し、万が一の場合の保証をおこなう
    住宅保証機構(株)の「瑕疵担保保険」

    「完了検査」
    ・完成した建物が図面通り正しく作られているか「公的機関」による確認


    また私たちも家が建ってから1年後に「住まいの1年点検」を行っています。四季のある日本ではこまめな検査を行うよりも「暖かい、寒い」「湿度の高い、低い」が一巡りしたタイミングで一斉点検を行う事が効果的だからです。

    もちろんこれ以外のタイミングでも気になる事があればお声がけ下さい、随時対応致しております。

  • 5.家は建ててからが本番です

    もちろん家を建てるまでも大切ですが、お客様にとってはその家で暮らすことが本番です。
    納得して建てた家であっても、実際生活をしてみるといろいろ思うところがでてくるはずです。年月が経ち、ご家族が成長してライフスタイルが変われば「ここをこうしたい」と思うこともあるでしょう。生活をしていれば汚れたり、壊れたりするところも出てきます。
    そうしたときにも私たちは力になります。
    リフォームや修理についてもご相談下さい。

    「お客様がずっと笑顔で暮らせるように」私たちにとっても家は建ててからが本番です。

本番
↑ページトップ